休暇を取得した場合、その社員のカバーリングは分担協力体制が必要です。そのため必然的に情報共有が必要になり、コミュニケーションの活性化によるチームワーク向上が求められます。
「業務の見える化」や「情報共有」によって属人化を解消することで、従業員の休暇や休職にも対応可能な体制を築けます。
今後、働きやすい会社へと変革していく上で、ひとつのアプローチとして男性育児休業の推進等による「育児しやすい環境づくり」を目指します。
また、働くすべての方々が「仕事」と育児や介護など「仕事以外の生活」との調和をとり、その両方を充実させる働き方?生き方ワーク?ライフ?バランスの実現を目指します。

女性活躍推進法とは

働く場面で活躍したいという希望を持つすべての女性が、その個性と能力を十分に発揮できる社会を実現するために、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、平成28年4月1日から計画的に取り組んでいくためにつくられた法律です。

一般事業主行動計画とは

企業が、子育てをしている労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者も含めた多様な労働条件の整備などを行うため、または、女性労働者の活躍推進の取り組みを着実に前進させるために策定する計画です。


一般事業主行動計画(PDFファイル)

【情報公開項目】

?管理職に占める女性労働者の割合(2021年4月1日)
 12%

?男女別育児休業取得率(2021年4月1日)
 男性:0%  女性:100%

ファイテントップ>公式ニュース>女性活躍推進法に関する情報公開について
性饥渴富婆水真多视频_成年女人毛片免费视频播放器_中国精品偷拍洗澡视频一_俄罗斯A级毛片在线播放